外装工事

屋根工事や塗装工事、防水工事といった外装工事も当社にお任せください。
現地調査を行い、立地環境や劣化状況に応じて最適な工法をご案内いたします。
外装部分は雨や紫外線から建物を守るために欠かせない工事。
前回の施工から10年前後経っている場合、一度点検を行うことをオススメします。

屋根工事

●葺き替え

屋根の葺き替えとは、既存の屋根材を全て取り除き、新しいものに付け替える工事。
野地板と呼ばれる下地部分から取り替えるので、築年数が長いお宅でも新築同様の耐久性を取り戻すことができます。
カバー工法に比べると費用はかかりますが、何度もメンテナンスを重ねる必要がないので、劣化がひどい場合は葺き替えをオススメしています。

●カバー工法

既存の屋根材に新しい屋根材をかぶせて耐久性を高める工事。
解体を伴わず短工期なため、解体費や廃材の処理費、人件費が削減できて葺き替え工事よりも安いというメリットがあります。
しかし、その一方で傷んだ部分を取り除いてはいないため、後々メンテナンスが必要になってくる可能性も…。
当社にお任せいただければ現地調査をしっかりと行い、最適な工法をご提案いたしますのでどうぞご安心ください。

●雨漏り・瓦の補修工事

雨漏りかも?と思ったらすぐに当社までご連絡ください。
雨漏りを放っておくと害虫の発生や建物の倒壊など恐ろしい二次被害を引き起こします。
特に台風の後は瓦がわれたり、板金が外れる被害が多く、そこから雨漏りを引き起こすケースが少なくありません。
点検だけでもかまいませんので、少しでも不安に感じたら当社までご連絡ください。

塗装工事

屋根や外壁の塗装工事は、住まいの美観を整えるだけでなく、防水性・耐久性を高めるという大きな役割を担っています。
外壁にひび割れやコケ、カビなどは発生していませんか?
それらは塗装の防水性が切れている証拠。塗り替えを行う必要があります。
劣化を何年も放置していると、水分が建物内部に浸入し建材を腐らせてしまいます。
大きな工事を要する前に適切な時期に塗装工事を行いましょう。塗り替え時期の目安は一般的に10年前後と言われています。

防水工事

外壁や屋根はもちろん、ベランダやバルコニー、外階段などの防水工事も忘れてはいけません。
防水工事はどんな建物にも施される大切な工事。
塗装工事と同様に定期的にメンテナンスを行わないと雨漏りを引き起こす可能性もあります。
施工箇所や立地環境に応じて最適な工法を選択いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

一覧ページに戻る